Home » 北海道, 各地のとりくみ, 各地のとりくみ ニュース » 「雪まつり」が終わっても続く署名

「雪まつり」が終わっても続く署名

北海道高教組の毎金曜日「戦争法2000万人」署名。 今日2月11日は昨日まで世界の人びとで賑わっていた雪まつりの「雪像解体現場脇」になってしまいました。 大型パワーショベルが「ゴーッ」と大雪像を解体。 人通りがぱったりなくなって、署名も10人…。 「雪まつり」期間中の10分の1ほどになってしまいました(⌒-⌒; ) でも、こんな日にもやっぱり足を止めてくれる人がいます。 「継続は力」です。 日本の教職員は「教え子を再び戦場に送らない」を戦後の原点に活動してきたこと。 北海道では毎年「500人以上」の高校生が卒業し、自衛官になっていること。 彼らを「殺し殺される」任務につかせるわけにはいかないことを訴えると足を止めてくれる人がいます。 これからもがんばります。 団体名:北海道高等学校教職員組合