Home » 中央のとりくみ, 中央のとりくみ お知らせ » 「憲法70年 守り・いかそうキャンペーン」のよびかけ

「憲法70年 守り・いかそうキャンペーン」のよびかけ

「憲法70年 守り・いかそうキャンペーン」のよびかけ

                                                             2017年2月28日

                           憲法共同センター運営委員会

 

 憲法を守り生かそうと全国で奮闘されているなかまのみなさん、今年の5月3日は、日本国憲法施行70年にあたります。

 現在の日本国憲法は、第2次世界大戦によりアジアで2千万人の人々の命を奪った痛苦の反省の上にたち、戦争放棄を謳った憲法9条をはじめとする日本国憲法を制定しました。日本国憲法があったからこそ日本は、戦後70年一度も戦争に加担することも、巻き込まれることもありませんでした。また、世界の憲法学者から「群を抜くすばらしい憲法」と評価されています。

 

 ところが安倍政権は、現在の日本国憲法を「おしつけられた憲法」などといいがかりをつけ、特に憲法9条を目の敵にして憲法改悪を狙っています。一昨年の「戦争法」の強行、それにもとづく南スーダンPKO派遣の自衛隊への新任務の付与などは、憲法解釈をねじまげ、法律で戦争できる国づくりをしようとしたものです。また、沖縄・高江でのヘリパッド建設の強行や、辺野古新基地建設の再開、5兆円を超える防衛予算の毎年の拡大、日米合同演習の拡大など、アメリカと一体となって戦争できる国づくりをすすめています。あわせて、この間3度廃案になった共謀罪と名前を変えて創立をねらい、国民を監視するとともに、憲法改悪に反対する運動を封じ込めようとしています。

 

 これらの安倍政権の暴走に対して、戦争法成立直後から「戦争法は廃止」「安倍政権のもとでの改憲は許さない」の声と運動が大きく広がり、昨年の参議院選挙では「野党は共闘」の声に応え、32の1人区で候補者が統一され11人が当選するなど、安倍暴走政治NOの運動が党派を超えて広がっています。変えるべきは日本国憲法ではなく、憲法無視の安倍暴走政治の声と運動をさらに発展させましょう。

 

 憲法を守り生かそうと全国で奮闘されているなかまのみなさん、憲法共同センターは、4月5月「憲法70年 守り・いかそうキャンペーン」にとりくみます。日本国憲法の素晴らしさを学習するとともに、まわりの人たちにすばらしさを語り、安倍政権が狙う憲法改悪をストップさせるとともに、共謀罪の創設を阻止しましょう。

 具体的には、以下のとりくみ例を参考に、全国津々浦々での学習・宣伝・署名行動とりくむとともに、5月3日を中心とする憲法集会をこれまでにない規模の参加と開催箇所で成功させましょう。また、憲法共同センターとしてキャンペーンリーフを作成します。職場・地域でご活用ください。

 憲法を守り生かす風を全国で大きくふかせましょう。

 

                                         以上