Home » 中央のとりくみ, 中央のとりくみ アクション

辺野古新基地設計変更承認申請内容への意見書の送付のとりくみについて


 日々のご奮闘に敬意を表します。
 さて、沖縄防衛局は、コロナ禍の4月21日に沖縄県に辺野古新基地建設に係る設計変更承認申請書を提出しました。
 申請書の内容の告示・縦覧と、これについての意見書の受付が9月8日から始まりました。
 大浦湾側の埋立て海域に軟弱地盤が広がっており、辺野古新基地建設は不可能と沖縄県は埋め立て承認を撤回しました。
 しかし、政府・防衛省は地盤改良により埋立ては可能とし、地盤改良のために「変更承認申請」が必要となり、沖縄県の承認なしに工事を進めることはできません。菅官房長官は、自民党総裁選の出馬の記者会見で辺野古新基地建設について、「地元の市長、知事と合意している」と翁長前知事や玉木知事の公約や県民投票の結果を無視し、工事の強行を表明しています。
 オール沖縄会議は、「変更申請承認」を不承認とする「意見書」を沖縄県に全国から届け、玉城知事を励まし、沖縄の民意に連帯しようと呼びかけています。
 総がかり行動実行委員会でも取り組みをよびかけています。
 意見書の受付期間は9月28日までと短期間になりますが、辺野古新基地建設反対の声を集中していただきますよう、おねがいします。

 

1.意見書の受付期間
 9月8日(火)~9月28日(月)

 

2.意見書記入の注意点
(1)防衛省が提出した「設計概要変更申請書」は沖縄県のHPで確認することができます。
  https://www.pref.okinawa.jp/site/doboku/kaibo/kanri/event/5jyuran.html

 

(2)別添の書式を使って、意見書を作成してください。
  「利害関係」は国民、主権者としての立場とし、意見、思いを書いてください。
   安保破棄中央実行委員会の文例をつけています。

  ■意見書書式(Word)
  ■意見書見本(PDF)

 

(3)意見書は個人、団体でも提出できます。
   団体の場合は、団体名・代表者名・事務所の所在地を記載してください。

 

3.意見書の送付法
 郵送、ファックス、メールのいずれかでも送付できます。
 ①郵送
  送り先住所 〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 沖縄県庁 海岸防災課 宛
         ※「設計変更申請への意見書」と表書きしてください。
         ※9月28日までの消印有効です。
 ②ファックス
  FAX番号:098-860-3164
 ③メールの場合
  送信先:umetateiken@pref.okinawa.lg.jp

 

憲法共同センター事務局