Home » 北海道
北海道

「 「憲法ってなに? 誰のもの?」 〜憲法を 生かし わたしたちは幸せに生きる〜

清末愛差砂さん(室蘭工業大学)を講師に招き、憲法学習会を予定しています。 当会は、昨年9月に発足、民進党市議・共産党市議・元北教組の退職教員・元全教の退職教員・元高教組の退職教員・キリスト協会の牧師・大谷派の住職、という多彩なメンバーが事務局を構成し、昨年9月6日は、弁護士の神保大地さん、11月15日には、市川守弘弁護士を、今年の4月9日には、結城洋一郎(小樽商科大学名誉教授)をよんで、すでに、3回の学習会を、夕張キリスト教会で行いました。今回は、「ゆうばり女性9条の会」と共催で、11月13日(日)に、4回目の学習会を開催する予定で、準備をすすめています。  憲法って むずかしそう。 では、やさしい憲法の話、聞いてみませんか?     

 

お話しする人 室蘭工業大学大学院 准教授        

                      清 末 愛 砂(きよすえあいさ)さん          

工業研究科 ひと文化系領域 (ジェンダー法学、家族法、憲法、社会調査法)          

「戦争させない北海道委員会」よびかけ人。

近著「すぐにわかる戦争法―安保法制ってなに」(七つ森書館)  

お話の内容       「憲法ってなに? 誰のもの?」        

                         〜憲法を生かし わたしたちは幸せに生きる〜  

 

い   つ  2016年11月13日(日)10:30〜12:30

ど こ で  ゆうばりはまなす会館(?0123-53-3377)  

参 加 費  無料  

共   催  「ゆうばり女性9条の会」 「明日の平和をつくりだす夕張の会」        

      *当日、交通の便が悪い方は、遠慮なく事務局にお問い合わせください。

      ◆お問い合わせ先        明日の平和をつくりだす夕張の会(090−2818−5183 熊谷)        ゆうばり女性9条の会     (090−7643−7739 滝口)              

 *私たちの会は、みなさまのカンパで活動しています。 団体名:「明日の平和をつくりだす夕張の会」

「雪まつり」が終わっても続く署名

北海道高教組の毎金曜日「戦争法2000万人」署名。 今日2月11日は昨日まで世界の人びとで賑わっていた雪まつりの「雪像解体現場脇」になってしまいました。 大型パワーショベルが「ゴーッ」と大雪像を解体。 人通りがぱったりなくなって、署名も10人…。 「雪まつり」期間中の10分の1ほどになってしまいました(⌒-⌒; ) でも、こんな日にもやっぱり足を止めてくれる人がいます。 「継続は力」です。 日本の教職員は「教え子を再び戦場に送らない」を戦後の原点に活動してきたこと。 北海道では毎年「500人以上」の高校生が卒業し、自衛官になっていること。 彼らを「殺し殺される」任務につかせるわけにはいかないことを訴えると足を止めてくれる人がいます。 これからもがんばります。 団体名:北海道高等学校教職員組合

北海道高教組 「ラブ9」宣伝 高校生にも・・・

 9月9日全労連がよびかける全国統一行動日  札幌では、道労連、札幌地区労連のよびかける終日行動が行われていますが  朝は市内の高校門前での高校生への宣伝から行動がスタートしました。  校門前では、道労連の現、前事務局長がそれぞれの母校の後輩に向けてマイクでアピール。  「国会でいま最終盤の審議が行われている戦争法案のビラです」「関係がないという人はだれ一人いません。一緒に考えてみましょう!」という「先輩」からの熱いメッセージを聞きながら、後輩生徒たちはビラを受けとって、生徒同士言葉を交わしながら登校していました。 団体名:北海道高教組