Home » 中央のとりくみ アクション
中央のとりくみ アクション

「5・25国会包囲行動」をはじめとした辺野古新基地建設ストップを求める諸行動について

「5・25全国総行動」等の内容が具体化してきましたので、紹介します。積極的なとりくみを要請します。

 

1.「示そう! 辺野古NO! の民意を 5・25国会包囲行動」
①日時
 5月25日(土)14:00~15:30
②場所
 国会周辺
 ・ステージは、正門前・国会議員会館前・国会図書館前の3か所です。
 ・音声は、国会周辺のどこでも聞こえます。
 ・憲法共同センターは、国会図書館前に集まります。
③プログラム
 14:00~ 主催者あいさつ、野党国会議員からの連帯あいさつ、
      沖縄からの訴え(安次富さん)、連帯スピーチ(落合恵子さん)
 15:00~ 団体ごとステージ 沖縄統一連(瀬長事務局長)の報告、
      東京医労連など決意表明
④主催
 基地の県内移設に反対する県民会議、「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委員会、
 戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会
 http://sogakari.com/?p=4121

 

2.「5・25辺野古新基地建設を許さない全国総行動」
①日時
 5月25日(土)14:00~
②場所
 全国各地
③名称
 「示そう 辺野古NO!の民意を」全国総行動
  -止めよう 辺野古新基地建設9条改憲 安倍政権の暴走を-
④主催
  各地で、呼びかけに応じて、できる形で追求する。
  (北海道・広島は、総がかり行動を中心に計画がすすんでいます。)
⑤署名集約
 お手元にある署名用紙(「STOP! HENOKO 本土からの辺野古埋め立て用の土砂搬出計画を止めよう」国会請願署名用紙)については、ただちに、憲法共同センターに届けてください。

 

#0525国会包囲行動
#辺野古 #辺野古の海を埋め立てないで
#辺野古新基地建設反対

 

「STOP! HENOKO 本土からの辺野古埋め立て用の土砂搬出計画を止めよう」国会請願署名用紙(PDF)

 

▼クリックをするとチラシが開きます(PDF)

「憲法審査会で改憲議論を行わないことを求める」FAX要請行動について

全労連の憲法審査会委員要請の取り組みを紹介します。(5月10日)

 

 日頃よりのご奮闘に敬意を表します。
 連休明け、憲法をめぐって緊迫した情勢を迎えています。
 安倍首相は、5月3日の改憲派の集会に今年もメッセージを送り、2020年に新しい憲法を施行するという自らの目標について、「今もその気持ちに変わりはない」と、改めて改憲への執念を示しました。先月、萩生田幹事長代行が「新しい時代になったら、自民党は少しワイルドな憲法審査を進めていかなければならない」と発言しましたが、まるでその具体化のように、5月9日、1年半ぶりに衆議院憲法審査会の実質的開催が強行されました。与党改憲派は、改憲手続法(国民投票法)をめぐる審議を呼び水に、「自民党改憲案」を提示し、改憲議論を進めようと狙っています。
 しかし、5月3日前後に発表された各紙の世論調査では、国民が改憲を望んでいないことがはっきりと示されました。朝日新聞の世論調査では、「9条は変えない方が良い」が64%で、「変える方が良い」の28%を大きく上回りました。「憲法を変える機運が国民の間で高まっているか」という問いに「あまり高まっていない」「まったく高まっていない」と答えた人は、合わせて72%に達しています。国民が望まない「憲法改正」のために、審査会を開く必要など全くありません。
 このことを広く知らせ、「審査会を動かすな」「審査会で改憲議論をするな」という声を国会に届けることが重要です。3000万人署名を軸とした運動と、野党の共闘が、これまで憲法審査会を開催させず、改憲議論を阻んできたことに確信をもち、国会後半のたたかいを進めましょう。
 審査会委員への要請行動を強めましょう。改憲派の委員に対する要請FAXと、立憲野党各会派の委員に対する激励FAXのひな型を添付しています。衆議院憲法審査会委員名簿も添付しています。積極的な取り組みをよろしくお願いします。

 

▼全労連サイト
http://www.zenroren.gr.jp/jp/kenpo/index.html#05

 

▼憲法審査会委員要請書ひな形(憲法審査会で改憲議論を行わないことを求めるFAX要請)(PDF)(Word)
http://www.zenroren.gr.jp/jp/kenpo/2019/data/190515_05.pdf

 

▼衆議院憲法審査会委員名簿 2019年5月8日現在(Excel)
http://www.kyodo-center.jp/wp-content/uploads/2019/05/20190508syugiin_meibo.xlsx

 

5・25辺野古新基地建設を許さない全国総行動へ立ち上がろう!

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会
基地の県内移設に反対する県民会議

 

全国の皆さんに呼びかけます!
さる2月24日に行われた辺野古埋め立ての賛否を問う沖縄県民投票で、7割強の県民が反対で、辺野古新基地建設に反対する揺るがぬ民意が示されました。
しかし安倍政権は、沖縄県民投票の結果と玉城沖縄県知事の工事中止の要請を踏みにじり、3月25日に新たな海域への土砂の投入を強行しました。民主主義社会として許されない暴挙です。
大浦湾側の水深70~90メートルの海底がマヨネーズ並みの軟弱地盤です。政府は地盤強化のために7万7千本の砂杭を打ち込む工事を行うとのことです。国内での実績は65メートルで、前例のない超難関工事であり、技術的に不可能であり、工事の見通しは立っていません。
さらに、海底地盤の改良工事には沖縄県の許可が必要ですが、玉城知事は絶対に許可しません。政府はこれ以上工事を進めることは出来ません。
それでも工事が進み、後戻りできないと県民を諦めさせるために、辺野古の浅瀬側での工事を強行し続けています。
沖縄県民は、故翁長知事の遺志を引き継ぎ、「勝つ方法は決して諦めないこと」を合言葉に、「辺野古に基地は造れない辺野古に基地は造らせない」と不屈に闘い続けています。
辺野古新基地建設を許さない闘いは全国に広がっています。5野党が足並みをそろえて国会で闘っています。全国紙の世論調査でも反対が賛成を上回りました。
安倍政権が沖縄県民の民意を踏みにじる暴挙は、憲法が保障する民主主義、地方自治の破壊です。沖縄だけでなく全国民の問題です。
今こそ、全国の皆さん!「全国の支援・連帯があるから沖縄は頑張れる」との県民の声をしっかりと受け止めていただき、辺野古新基地建設を許さない全国総行動に立ち上がっていただくことを強くお願いします。なお首都圏では2万人を目標に国会包囲行動を行います。

 

【全国総行動要項】
●日時5月25日(土)午後2時開始
●名称「示そう辺野古NO!の民意を」全国総行動
-止めよう辺野古新基地建設9条改憲安倍政権の暴走を―

 

◆5・25国会包囲行動
日時 5月25日(土)14:00-15:30
場所 国会周辺 *憲法共同センターは国会図書館前

 

戦争させない・9条壊すな! #総がかり行動実行委員会
http://sogakari.com/?p=4121

 

#憲法共同センター
http://www.kyodo-center.jp/

 

#全労連
http://www.zenroren.gr.jp/jp/kenpo/index.html

 

#0525国会包囲行動
#辺野古 #辺野古の海を埋め立てないで
#辺野古新基地建設反対
#安倍9条改憲NO
#3000万署名
#自民党改憲案を提示させるな
#憲法審査会を始動させるな
#安倍政権退陣

 

5・25辺野古新基地建設を許さない全国総行動へ立ち上がろう!(Word)
5・25辺野古新基地建設を許さない全国総行動へ立ち上がろう!(PDF)

 

▼クリックをするとチラシが開きます(PDF)

 

当面の行動

●安倍9 条改憲NO!憲法審査会に自民党改憲案を『提示』させるな!5・9 国会議員会館前行動
 日時:5月9日(木)18 時30 分~
    (なお、18 時20 分より松平さんのトランペットの演奏があります)
 場所:衆議院第2議員会館前を中心に
 共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
    安倍9条改憲NO!全国市民アクション
●19 日行動
 5月19 日(日)14 時~ 国会議員会館前
 6月19 日(水)18 時30 分~ 国会議員会館前
●辺野古連帯国会包囲行動
 5月25 日(土)14 時~ 国会周辺  *憲法共同センターは国会図書館前
●日韓連帯行動
 6月7日(金)18 時30 分~ 集会・デモ 日比谷野音
 6月8日(土)13 時30 分~ シンポジウム 星陵会館

 

安倍9条改憲NO!憲法審査会に自民党改憲案を『提示』させるな!5・9国会議員会館前行動/5・19国会議員会館前行動

◆5・9国会議員会館前行動
 日時:5月9日(木)18:30~
 場所:衆院第2議員会館前

 

 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/安倍9条改憲NO!全国市民アクション

 

◆5・19国会議員会館前行動
 日時:5月19日(日)14:00~
 場所:第2議員会館前を中心に
 共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
    安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会