Home » 中央のとりくみ, 中央のとりくみ アクション

[3.1朝鮮独立運動101周年] 2.28東京集会・2.29キャンドル行動のご案内( #東北アジア市民連帯行動 )


【拡散希望】
★2.28東京集会は予定通り開催しますが、2.29キャンドルアクションは中止とします。詳細はWEBでご確認下さい★
[3.1朝鮮独立運動101周年]
2.28東京集会(金)18:30~ 文京区民センター3A 資料代800円
2.29キャンドル行動(土)18:00~ 新宿東口・アルタ前広場
#東北アジア市民連帯行動 #NO아베
http://sogakari.com/?p=4508

 

チラシのダウンロード、最新情報は、こちらから → 日韓ネットのブログ
http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-3d31d7.html

 

毎年開催している3.1集会ですが、昨年の100周年の取り組みを引き継ぎ
今年も開催します。多くの皆様のご参加を!
*昨年の様子 http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/31/index.html

 

拡散歓迎
*************************************************
     3・1朝鮮独立運動101周年
    2.28東京集会・2.29キャンドルアクション
*************************************************

 

●【2.28屋内集会】
 日時 2月28日(金)午後6時半開会(18時開場) 資料代800円
 場所 文京区民センター3A(地下鉄「春日」or「後楽園」下車すぐ)
 http://www.yu-cho-f.jp/wp-content/uploads/kumin_map.pdf

 

 映像 3・1朝鮮独立運動とは
 講演「東アジアの共有財産としての韓国大法院『徴用工裁判判決』」
    吉澤文寿さん(新潟国際情報大学教授)

 

 韓国ゲスト「朝鮮半島情勢と日韓関係をどう見ているか」
        韓国・安倍糾弾市民行動代表
        (韓国の700の市民団体で作られた共同行動組織)
 歌  ♪みんなで歌おう   ノレの会ほか

 

●【2.29キャンドルアクション】
 日時 2月29日(土)午後6時開始
 場所 新宿東口・アルタ前広場

 

 リレートーク
  徴用工問題・「慰安婦」問題・朝鮮学校差別問題・在沖米軍基地問題
  憲法改悪問題 ほか
 *のぼり・プラカード・ペンライトなどご持参歓迎!

 

【主催】「3・1朝鮮独立運動」日本ネットワーク(旧100周年キャンペーン)
連絡先:日韓民衆連帯全国ネットワーク(070-6997-2546)/ピースボート(03-3363-7561)/
    日朝協会(03-3237-1991)/子どもと教科書全国ネット21(03-3265-7606)/
    「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)(03-3818-5903)/
    在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)/小川町企画(03-3818-6671)
    *順不同

 

【協賛】戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 

—————————————————————–
●賛同募集中 団体(1口)3000円/個人(1口)1000円
 郵便振替口座 00190-9-604110 口座名[3.1記念事業委員会]
—————————————————————–

 

【呼びかけ】
今年の3月1日は、日本からの独立を求め朝鮮半島全土で人びとが立ち上がった3・1独立運動(1919年)から101周年を迎えます。
あらためて歴史を直視しながら日本と朝鮮半島やアジアの人びととの平和な関係をいかに築くのかを問い直す日でもあります。

 

●朝鮮半島の非核・平和と日本の責任

 

朝鮮半島では、日本からの解放と同時にもたらされた南北分断から75年。
朝鮮戦争の停戦協定からも67年が経過しましたが、いまだ戦争の終結はなされていません。
これこそが朝鮮半島の「危機」の根源です。

 

南北首脳による板門店宣言、史上初の米朝首脳会談は、朝鮮戦争の終結と朝鮮半島の平和体制・非核化へ向かう歴史的転機をもたらしましたが、段階的解決を無視した米国の一方的要求により、こう着状態のまま重大な岐路を迎えています。

 

この間、対話の流れの「蚊帳(かや)の外」から妨害者として振る舞っているのが安倍政権です。

 

「北朝鮮の脅威」を煽り、それを口実に大軍拡と「戦争のできる国」づくりを進め、また韓国大法院の元徴用工判決をめぐっても、個人請求権の存在を認めてきた従来の日本政府自身の見解すら無視し、あからさまな非難を繰り返して輸出規制などの対韓報復さえ行っています。

 

今なお植民地主義を清算せず加害責任に背を向け、改憲・軍事大国化に向けた暴走を続ける安倍政治を一刻も早く終わらせることが必要です。

 

●3・1朝鮮独立運動101周年行動に集まろう!

 

昨年、私たちは3・1朝鮮独立運動100周年キャンペーンに取り組んできましたが、今年も3・1朝鮮独立運動101周年の共同行動として、平和を求める朝鮮半島の人びとと連帯し、2・28集会と2・29キャンドル行動に取り組みます。多くの皆様の参加を呼びかけます。

 

【3・1独立運動とは】

 

1919年3月1日、日本の植民地下のソウルで宗教指導者らを中心に独立宣言書が発せられました。
この日、ソウルのパコダ公園(現タプコル公園)には数千人の青年学生らが集まり市内をデモ行進、「独立万歳」の叫びに市民も合流、数万人のデモに発展しました

 

この動きは朝鮮半島全土に波及し、200万人の人たちが起ちあがったといわれています。

 

しかし、平和的なデモに立ち上がった人々に日本軍・官憲は武力弾圧を加え、死者約7千5百人、負傷者約1万6千人、逮捕・拘束者は4万6千人に達したとされていますが、日本ではこの事実は隠蔽・歪曲され「朝鮮人の反日暴動」と広く流布されました。
これが関東大震災時(1923年)の朝鮮人大虐殺の伏線にもなっています。

 

3・1独立運動に象徴される朝鮮半島の人たちの独立・解放への血のにじむ闘いは連綿と受け継がれ、この間の韓国におけるキャンドル革命の源流ともいわれています。

 

私たちは歴史の真実を踏まえ、3・1独立運動101周年にあらためて日本市民の良心の声を朝鮮半島と世界の人々に発信していきたいと思います。

 

▼クリックをするとチラシが開きます(PDF)