Home » 中央のとりくみ, 中央のとりくみ アクション

東京高検黒川検事長の定年延長に関する閣議決定撤回と黒川氏の辞職を求める賛同署名の呼びかけ


全国の市民、市民グループ、諸団体のみなさま
 安倍政権による今回の閣議決定は立憲主義を破壊し、法の支配を蹂躙するものであり、絶対に許すことはできません。もし、このまま黒川氏が検事総長のポストに就くようなことを許せば、安倍政権による権力の私物化、改憲と憲法破壊の暴走を容認することになります。
 今こそ、平和と人権、民主主義を求める全国のすべての市民のみなさんがともに声をあげ、立ち上がって、この暴挙をとめるためにたたかうときです。
 そのためのひとつの手段としてわたしたちは、以下の声明に対する全国の市民、市民グループ、団体のみなさんの賛同をもとめ、それを共同声明として公表し、しかるべき時期を選んで行動したいと思います。
 ぜひともこの賛同署名へのご賛同と拡散にご協力くださいますよう、お願いいたします。
(賛同のご回答は下記連絡先へメールまたはファックスなどで、できるだけ早期に、遅くとも6月末までにお寄せいただくようお願いします。)

 

▼署名用紙はこちら(クリックするとPDFで署名用紙が見られます)

 

◎署名欄書き込み可能版

 


2020年4月
安倍9条改憲NO!全国市民アクション

 

賛同署名

 

内閣総理大臣 安倍晋三 様
東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な
定年延長に抗議し、辞職を求めます(要請)

 

【要請の趣旨】
 政府は、定年退官予定の東京高検検事長・黒川弘務氏の定年を半年間延長することを閣議決定しました。この閣議決定は、検察官の定年を63歳と定める検察庁法22条に違反します。根拠とされた国家公務員法81条の3は検察官には適用されない、との政府解釈が長年続いてきましたが、それを一内閣が恣意的に解釈変更することは許されるものではありません。閣議決定は違法であり、定年延長は無効というほかありません。
 政治権力の検察官人事への介入は、独立公正であるべき検察庁の地位を侵し、刑事司法制度の独立を損なうものです。3月に政府は、検察庁法改正案を国会に提出しました。その中には、検察官の定年延長について内閣ないし法務大臣の関与を恒常的に行える規定が盛りこまれています。これは、先の定年延長の閣議決定後に、急遽、加えられたものと言われています。開き直りともいえる法改正を行うのでは、法治国家の体をなしません。
 現在、カジノ汚職事件や河井夫妻の公職選挙法違反事件が表面化し、安倍首相自身も「桜を見る会」に関連した疑惑が浮上しています。黒川検事長の定年延長は、これらの事件の捜査が進むことを阻止し、政権の保身を図ることにあるのではないかと言われています。権力を私物化し、「厳正公平、不偏不党」という検察庁の理念を根底から脅かす事態を、私たちは断じて認めることはできません。

 

【要請事項】
 黒川弘務東京高検検事長の定年延長を認めた閣議決定を撤回し、黒川弘務検事長の即時辞職を求めます。

 

賛同者・賛同団体
住 所
氏 名
 (団体名)
 (代表者名)

 

呼びかけ団体 安倍9条改憲NO! 全国市民アクション

 

安倍9条改憲NO!全国市民アクション
 ホームページ= http://kaikenno.com
 メールアドレス= info@kaikenno.com
 FAX・03-3221-2558

 

九条の会
 TEL・03-3221-5075 FAX・03-3221-5076
 〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-7神田中央ビル303

 

戦争をさせない1000人委員会
 TEL・03-3526-2920 FAX・03-3526-2921
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館内

 

憲法9条を壊すな!実行委員会
 TEL・03-3221-4668 FAX・03-3221-2558
 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-3 太陽ビル402 市民ネット内

 

戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター
 TEL・03-5842-5611 FAX・03-5842-5620
 〒113-8462 東京都文京区湯島2-4-4 全労連会館

 

【賛同署名】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます(word)

 

黒川抗議ハガキ(PDF)

 

東京高検黒川検事長の定年延長に関する閣議決定撤回と黒川氏の辞職を求める賛同署名の呼びかけ(ネット署名もあります)
http://kaikenno.com/?p=1391

 

検察庁法案の徹底審議・廃案を求める緊急FAX要請行動
http://kaikenno.com/?p=1434