Home » 中央のとりくみ, 中央のとりくみ アクション

[3.1朝鮮独立運動102周年行動のご案内]2.27集会・3.1新宿キャンドルアクション( #東北アジア市民連帯行動 )


【拡散希望】[3.1朝鮮独立運動102周年行動のご案内]
●2.27集会(土)18:30~ ライブ配信に変更 視聴無料 賛同金歓迎
●3.1新宿キャンドルアクション(月)18:30~ 新宿駅西口
#東北アジア市民連帯行動
http://sogakari.com/?p=5128

 

チラシのダウンロード、最新情報は、こちらから → 日韓ネットのブログ
http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2021/02/post-07e2d1.html

 

【変更のお知らせ】 
(1)緊急事態宣言の延長に伴い2月27日屋内集会の会場が使用できなくなりました。そこでYouTubeのライブ配信に切り替えます。視聴は無料となりますが、その分、ぜひ賛同金をお寄せくださいますようお願いします(*下記に案内があります)。
【2月27日(土)18時半開始 ⇒https://youtu.be/ZE5KochHicg (左をクリック)】
(2)なお、3月1日(月)の新宿キャンドル行動も新宿駅西口(18時半開始)に変更します。

 

  **********************************************
    3・1朝鮮独立運動102周年 東京集会・アクション
    植民地支配の反省を!東北アジアに非核・平和を!
  **********************************************
●【2・27集会】
   日時 2月27日(土)18時半開始
   レイバーネットTVにてライブ配信
    https://www.youtube.com/watch?v=ZE5KochHicg&feature=youtu.be

 

   講演「3・1運動を記念する意義と方法-歴史喪失に抗して」
        外村 大(とのむらまさる) 東京大学大学院教授
     「東アジア共同体の可能性」
        高野 孟(たかのはじめ) インサイダー編集長、ザ・ジャーナル主幹

   連帯メッセージ 韓国市民運動から

 

●【3・1新宿キャンドルアクション】
   日時 3月1日(月) 18時半開始
   場所 新宿駅西口
   リレートーク 徴用工問題、日本軍「慰安婦」問題、朝鮮学校「無償化」差別
          沖縄米軍基地問題、憲法改悪問題 ほか

 

●【主催】「3・1朝鮮独立運動」日本ネットワーク(旧100周年キャンペーン)
連絡先 日韓ネット(070-6997-2546)
ピースボート(03-3363-7561) 
日朝協会(03-3237-1991)
子どもと教科書全国ネット21(03-3265-7606)
VAWW RAC(03-3818-5903)
在日韓国民主統一連合(03-4361-6357)
小川町企画(03-3818-6671)       (順不同)

 

●【協賛】 戦争させない!9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 

 【2021年3・1行動への賛同をお願いします】
   賛同費  個人(1口)1000円 団体(1口)3000円
   郵便振替 00190-9-604110 口座名[3・1記念事業委員会]
———————————————–
               【呼びかけ】

 

 今年の3月1日は、日本からの独立を求め朝鮮全域で人びとが立ち上がった3・1独立運動から102周年を迎えます。私たちにとっては歴史を直視しながら日本と朝鮮半島やアジアの人びととの平和な関係をいかに築くのかを問い直す日でもあります。

 

 東北アジアの非核・平和をめざそう!

 

 いま朝鮮半島では、日本からの解放と同時にもたらされた南北分断から76年。南北分断に起因する朝鮮戦争の停戦協定からも68年が経過しましたが、いまだ戦争は終結していません。南北分断体制もそのままです。これこそが朝鮮半島の「危機」の根源です。
 朝鮮戦争を終結させ、停戦協定を平和協定に転換させることで、東北アジアの非核・平和の実現に向かうことができます。米国ではトランプからバイデン新政権に代わりましたが、あらためて米国が朝鮮戦争の終結に応じるよう強く求めていくことが必要です。
 他方、新たに成立した菅新政権は「安倍政治の継承」を旗印に、「敵基地攻撃能力」保有など軍事大国化の道をひた走っています。こんな菅政治を一刻も早く終わらせましょう。植民地主義の清算を迫っていきましょう。
 3・1独立運動102周年 2.27集会-3.1キャンドル行動に集まろう!

 

【3・1独立運動とは】
 1919年3月1日、日本の植民地下のソウルで宗教指導者らを中心に独立宣言書が発せられました。この日、ソウルのパコダ公園(現タプコル公園)には数千人の青年学生らが集まり、市内をデモ行進、「独立万歳」の叫びに市民も合流、数万人のデモに発展しました。この動きは朝鮮全域に波及し、200万人の人たちが起ちあがったといわれています。
 この3・1独立運動に象徴される朝鮮半島の人たちの独立・平和へ願いはその後も連綿と受け継がれ、この間の韓国におけるキャンドル革命の源流ともいわれています。