Home » 中央のとりくみ, 中央のとりくみ アクション

「6・7安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名(3000万人署名)」提出集会

6月7日3000万人署名国会提出(第1次)集会に
立憲野党4党・2会派代表ズラリ!
「3000万人署名を集めきり、安倍改憲とめよう!」とコール

写真 田中彰史氏

 全労連が参加する安倍9条改悪NO!全国市民アクションは、5月3日憲法集会で発表した1350万人分の署名の一部を、6月7日国会に提出しました。
 署名がギッシリ詰まった260箱のダンボール箱がズラリと並んだ会場は、市民と国会議員で満杯になりました。
 岩手、大阪、関東近県などから参加し、野党4党(立憲民主党、共産党、自由党、社民党)と2会派(無所属の会、沖縄の風)の代表、法律家、オール埼玉、全日本視覚障がい者協議会、安保関連法に反対する学者の会、9条の会の代表らが発言。3000万人の署名を集めきって、安倍政権を退陣させようという決意にあふれました。

<憲法・平和闘争ニュース 第85号より>

 


 

 通常国会も会期末まであと一か月となりました。加計疑惑をめぐる新たな証拠文書も愛媛県から提出され、いよいよ安倍政権の「ウミだらけ」の姿が明らかになりました。ところが、逃げとごまかしと居直りの姿勢に終始しています。そして、「働き方改革一括法案」や「カジノ実施法案」の採決を十分な審議なしで強行しようとしています。また、「年内の改憲発議」の目標をあきらめていません。
 安倍内閣を退陣においこみ、改憲発議を止めるために、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名(3000万人署名)」の目標達成がカギになっています。6月7日「3000万人署名提出集会」を成功させ、局面をひらきましょう。

 

1.日時 6月7日(木)14:00~15:00
2.場所 衆議院第一議員会館国際会議室(1階)
3.主催 全国市民アクション
4.内容 あいさつ・立憲野党代表あいさつ・署名提出・リレートーク など
5.署名現物の送付について
・署名は束にして下記表紙をつけて、憲法共同センター(全労連)あてに
 送ってください。(概ね2000人分で一束)
・表紙には、組織名と署名数(○○人分)を必ず書いてください。
・おおよそ10000人分をA4のダンポール箱に入れて、まとめます。
 6月4日までに送っていただいた分は全労連で箱詰めしますが
 A4の箱に添付の表紙を貼って送っていただいても結構です。
・中央団体については、全労連が回収するか、送付していただくか、
 相談させていただきます。
6.各団体の代表から、紹介議員に署名の束を提出していただきます。
 積極的な参加をお願いします。

 

安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名 表紙
安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名箱用紙(横)