Home » 4月 2021
Archive for 4月 2021

国民を監視し、運動弾圧や私権制限をもたらす 「土地利用規制法案」の廃案を求めます(アピール)

国民を監視し、運動弾圧や私権制限をもたらす
「土地利用規制法案」の廃案を求めます(アピール)

 

2021年4月30日

 

 菅内閣は3月26日、「重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律案」(略称「土地利用規制法案」)を閣議決定・提出し、今国会での成立を狙っています。
 ① 土地利用規制法案は、米軍基地や自衛隊基地、原発などの「重要施設」の周囲約 1 キロと、国境にある離島を「注視区域」に首相が指定し、 そのうちさらに、司令部を置く基地など特に重要とみなすものを「特別注視区域」に指定するとしています。 政府は、「注視区域」内にある土地・建物の所有者や賃借人などの情報を集め、必要なら利用状況に関する報告を求めることができるとしています。「特別注視区域」については、一定以上の面積の土地売買は、氏名、国籍などの事前の届け出を義務付けるとしています。無届けや虚偽の届け出をした場合は、 6 月以下の懲役または 100 万円以下の罰金を科すことができます。
 また、「重要施設」などの「機能を阻害する行為」や「機能を阻害する明らかなおそれ」がある場合、内閣総理大臣が利用中止の勧告・命令をおこなうことができるとし、命令に応じない場合、 2 年以下の懲役または 200 万円以下の罰金を科すことができます。
 ②問題は 、調査内容が際限なく広がる危険があることです。法案では、政府が収集できる情報について「その他政令で定めるもの」「内閣府令で定める事項」としており、国会のチェックは及ばず、政府の判断で、思想信条や所属団体、家族・友人関係などが調べられる危険があります。 過去に、 自衛隊のイラク派兵に反対する国民を自衛隊情報保全隊が監視していた事実もあり、決して杞憂ではありません。
 また、「機能を阻害する行為」の内容があいまいなことも問題です。政府は、電波妨害、盗聴、侵入などを想定していると言いますが、具体的内容は法案成立後に政府 の裁量で決められる 「基本方針」で定めることになっています。
 以上を踏まえると、 すべての国民を対象にした 個人情報の収集 のみならず 、 基地などの近隣住民の監視、基地に対する抗議行動の規制が政府の恣意的判断で実行されることになります。 例えば 、低空飛行、爆音被害、部品落下、 有機フッ素化合物の混じる泡消火剤流出などの基地被害を押し付けられている周辺住民や基地の監視・抗議にとりくむ運動の弾圧に使われることにもなりえます 。
 沖縄では、多くの住宅などが基地から1キロ以内となります。これらの基地は、住民の土地を強奪して造られたもので、基地の重圧に苦しむ県民にさらなる負担を押し付けることは到底認められません 。
 ③今回の法案は、「安全保障に寄与すること」を掲げ、軍事的安全保障の観点から国民の私権を制限するものとなっていますが、立法事実はありません。 防衛省が2013 年以降に2 回も実施した基地周辺の土地所有状況の調査結果でも運用に支障をきたす事例は確認されていません。
 戦前・戦中には、軍事施設周辺などでの立ち入りや撮影等の行為を全面禁止・処罰する「要塞地帯法」により国民が弾圧されました。この法律は日本国憲法のもとでは廃止され、軍事のための土地収用は除外されています。 今回の法案はまさに戦前回帰ともいうべきもので、 「戦争できる国づくり」のための特定秘密保護法、共謀罪法などとともに、安保法制=戦争法と一体のものであり、 菅政権が今国会で強行をはかるデジタル関連法案、少年法と入管法改悪などと軌を一にするものです。
 私たちは、憲法の平和主義に反する 「土地利用規制法案 」 の速やかな廃案を求めます。

以上

 

<呼びかけ団体>

「軍事費を削って暮らしと福祉・教育の充実を 」 国民大運動実行委員会
憲法改悪阻止各界連絡会議 戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター
自由法曹団 日本平和委員会日本国民救援会 平和・民主・革新の日本をめざす全国の会(全国革新懇) 安保破棄中央実行委員会

 

PDFはこちら

2021年5月 スポット/ビラ

憲法版下(2021年5月)奥付あり
憲法版下(2021年5月)奥付なし

 

2021年5月宣伝スポット

改憲手続法(国民投票法)7項目修正案は抜本的再検討を!強行採決するな!5・6国会議員会館前行動(5/6木 #0506議員会館前行動 #改憲手続法 #国民投票法 #国民投票法改正案に抗議します )

「改憲手続法(国民投票法)7項目修正案は抜本的再検討を!強行採決するな! 5・6国会議員会館前行動」

 

総がかり行動実行委員会主催で憲法審査会に対する国会前行動が取り組まれます。コロナ対策のうえ、ご参加願います。

 

日時 5月6日(木)12:00~12:30
場所 衆院議員第2議員会館前

 

なお、12:30から、共謀罪NO!実行委員会の「6日行動」があります。

 

13日(木)も6日と同様の時間、場所で取り組み予定です。→6日採決の結果、13日の行動は中止します。

 

#憲法共同センター
http://www.kyodo-center.jp/

http://sogakari.com/?p=5283

 

【拡散希望】
『改憲手続法(国民投票法)7項目修正案は抜本的再検討を!強行採決するな!5・6国会議員会館前行動』
5/6(木)12:00~ 衆議院第2議員会館前
#0506議員会館前行動
#改憲手続法 #国民投票法
#国民投票法改正案に抗議します
#強行採決するな

#改憲手続法強行許すな
#改憲反対
#9条壊すな
#9条改憲NO
#総がかり行動実行委員会
#憲法共同センター

 

▼クリックをするとチラシが開きます

 

大阪 「5.3おおさか総がかり集会」、扇町公園集会 は中止、YouTube配信の視聴をお願いします。

「5.3おおさか総がかり集会」は、扇町公園での集会は中止します。YouTube配信の視聴での集会参加をお願いします。

希望者への転送・拡散をお願いします。
https://youtu.be/mCPIfEQyOMA

 

◆輝け憲法!平和といのちと人権を!5/3おおさか総がかり集会

5.3おおさか総がかり集会はコロナ感染拡大のため中止します!
かわってYouTubeライブ集会を以下の概要で配信します。

集会の概要
集会名称 輝け憲法! 平和といのちと人権を! 5/3おおさか総がかり集会

スローガン 9条改憲を断念させ、平和憲法を活かそう!
核兵器禁止条約を批准し、核のない世界をつくろう!
東アジアを非核化し、恒久平和を実現しよう!
辺野古に新基地はいらない!
敵基地攻撃能力の保有を許すな!
コロナ対策充実! 命とくらしを守る政治を!
ジェンダー平等の社会をつくろう!
スガ政治はもうゴメン! 政治の私物化を許さない!
透明で市民に開かれた政府をつくろう!

日時 5月3日(祝)
13:45〜 ミニコンサート MIC SUN LIFE
14:00開会〜14:50閉会
会場 同時刻のライブ配信を行います。扇町公園での集会は行いません。
ライブ会場 大阪グリーン会館2階大ホール 実行委員・スタッフのみ参加
主催 5.3おおさか総がかり行動実行委員会

団体名:大阪憲法会議・共同センター

国民投票法改定法案強行採決反対の取り組み

各位

 

 さて、国民投票法改悪案の採決をめぐって、衆院憲法審査会は緊迫した状況になっています。4月15日、22日と審査会が開催され、自民、公明、維新は「議論は尽くされた」と採決を主張し、国民民主が同意しています。
 共産党は、国民が改憲を望んでいないとして、改憲のための国民投票法改悪案の採決に反対しています。
 立憲は、CM規制など同法を抜本的に改正しなければ、採決に応じられないとしています。
 次回の憲法審査会は、5月6日(木)開催が予定されています。今国会での同法案の成立をねらう与党が採決を強行する可能性があります。
 参議院の憲法審査会の動きもあり、自民は国民投票法改悪法案の成立後、改憲4項目の議論に一挙に持ち込もうとねらっています。
 ついては、採決を阻止するため、衆院憲法審査会委員の議員に「採決反対」「改憲は必要ない」の声を届ける取り組みを広げていただきますよう、お願いいたします。

 

 

1.議員要請について
別添の要請書を参考に、憲法審査会委員の立憲、共産、国民各党議員に要請を行ってください。できましたら、4月中の取り組みをお願いいたします。
→要請書はこちら

→憲法審査会名簿(PDF)

 

衆議院憲法審査会委員名簿 2021年4月5日現在(Excel)
参議院憲法審査会委員名簿 2021年4月22日現在(Excel)

 

2.改憲発議緊急署名の国会提出について
5月19日(水)の19日行動時に署名を提出する準備を行います。5月14日(金)までに事務局に送ってください。